Menstrual cramps

生理痛の緩和方法

生理が始まる前や生理中に下腹部痛や腰痛、頭痛などの症状が起きることがありこれを生理痛といいます。生理痛の症状や軽度には個人差が大きくあり、ほとんど気にならないと言う人もいれば寝込むほど辛いと言う人もいます。生理痛の症状で多いのは下腹部痛、頭痛、乳房のはり、肌荒れ、イライラなどがあげられ、黄体ホルモンやプリゲステロンなどのホルモンのバランスが乱れることが原因で起こります。

 

冷えなどで血液の循環が悪くなってしまうと悪化することもありますので、体を冷やさないようにすることが大切です。生理痛を緩和する方法としては、保温性の高い下着や靴下を着用したり腰や下腹部にカイロを使用して体を温めたり、お風呂に使ってゆっくりと体を温めるのも冷えを防ぐと同時に、心身ともにリラックスすることができるので結構も促進されてますのでとてもよい方法です。生理前には骨盤の血流が停滞するので、血行をよくするためにもウォーキングや軽い体操など適度な運動もおすすめです。

 

睡眠不足は生理痛の原因

生理痛の症状は個人差が大きく、下腹部が痛む人もいれば腰痛や肩こり、頭痛が起こるという人もいてその痛みの度合いも様々です。生理痛はホルモンバランスの乱れが原因と言われていますが、その他にも出産によって骨盤が開いたりゆがんだりして体の血行が悪化してしまったために起こるものや、食生活の乱れ、運動不足によるもの、睡眠不足による物などがあります。特に生理痛と睡眠意は深い関係があります。

 

睡眠不足が続くと自律神経のバランスを崩してしまいます。自律神経の乱れはホルモンの分泌量の変化に影響を与えるので精神面でもイライラしてしまったりしてしまいます。生理痛を緩和したいときには寝る前に暖かいのみのもをとって体を温めたり、ぬるめのお風呂に入って心身をリラックスさせたり、夜の10時から2時にかけてはホルモンの分泌量が活発な時間帯ですのでその時間にあわせて就寝するようにするなど睡眠をしっかりととれる工夫をすることが大切です。

MENU